田中ちゃん(その他、大先生の恋バナ)

Home » 登場キャラクター » 田中ちゃん(その他、大先生の恋バナ)
登場キャラクター

田中ちゃん

真ちゃんが人生で初めて「好き」と言われた人(※1)。
ちょっとしたエピソードを番組内で話し(てしまっ)たところ、丸ちゃんからやたらイジリのネタに使われる。

なお、真ちゃんが体脂肪率7%を維持するようになるキッカケを作った罪作りな(それとも有り難い?)存在である。
 
(※1:当初は「初恋の人」として放送されていたが、第75回で別の初恋の人が登場。
ロイさんが確認したところ、田中ちゃんは、真ちゃんの初恋の人ではなく、真ちゃんがバレンタインのチョコを初めてもらった人ということらしい)

ホワイトデーの悲しい記憶

田中ちゃんに対して、バレンタインチョコのお返しとして、ホワイトデーにクッキーをあげようとした深沢少年。
しかし、途中で転んでしまう。
結果として、粉々になったクッキーをプレゼントしてしまい・・・終了。

真ちゃんの初恋

小学4年生のころ、えみこちゃん(仮名)に初恋をしたが、以下のように言われてしまう。

「真太郎君は、お勉強は5点で、スポーツも5点で、優しさは4点。でも顔は2点かな。
私ね、顔がいい人が好きだから、今のところ真太郎くんは私の中で第2位なの。頑張ってね。」

 
ピュアだった真太郎少年は2位だと言われたことが悔しくて
「頑張る!」
と答えたものの、顔が良くするには「どうやって頑張ればいいんだろう?」とその後気づいたらしい。

高校時代の真ちゃん

高校1年生(第73回放送分にて)

6月に、あやちゃん(仮名)から
「真太郎くんって今、彼女いるの?」
と聞かれ、「いないよ」と答える。
 
その3日後、夕暮れの教室で、さゆりちゃん(仮名)から
「深沢くん、付き合ってください」
と言われた。
 
真ちゃんは「もちろん!」と答えて付き合ったが
「思っていたのと違う」
ということですぐに終わってしまったらしい(涙)。

高校2年生(第74回放送分にて)

クラス替えで同じクラスになった、れいこさん(仮名)と、やたら目が合ったらしい。
しばらく「もやもや」した深沢少年は、れいこさんに彼氏がいるかどうかを確認。
 
「別にいないけど。彼氏欲しいんだけどね」という返事だったため、ガンガンにアプローチをかけるが
「ごめんなさい。私ホントは彼氏いるの」
と言われ、撃沈(涙)。

高校3年生(第73回放送分にて)

今度は、しげこさん(仮名)が好きになりアプローチ。
好きな芸能人が福山雅治だと知り、カラオケに行って福山の歌を練習したりするも、うまくいかなかった(涙)。

大学時代の真ちゃん

大学1年生(第78回放送分にて)

高校時代に何度もフラれた傷を負っていた深沢青年は、同い年で学科の同じ、まりこさん(仮名)に一目惚れ。
夢中になった理由の1つは、謎が多い女性だったとのこと。

深沢真太郎
「実家どこ?」って聞いたら
「まだ内緒」とか。

というエピソードを紹介したところ、

丸山久美子
警戒されてますね

と丸ちゃんがツッコミ。

深沢真太郎
違うと信じたい(笑)

そんな大先生は、手のひらで転がされ、フラれてしまったらしい(涙)。

大学院時代の真ちゃん

赤いスポーツカー(第31回放送分)

「カツラ疑惑」について、真ちゃんのFacebookのウォール調査を行なっていたロイさんは、
「サラサラ茶髪で赤いスポーツカーに乗っており、ガールフレンドは5歳年下」
という記述を発見したとスクープ。
 
当時の真ちゃんは、結構チャラかったらしい。

社会人になった真ちゃん

殺し文句(第77回放送分)

24~25歳頃の真ちゃんは、赤いスポーツカーや茶髪はもう卒業していたらしい。
チャラい感じではなく「社会人として真面目にいこう」と思ったが彼女がうまくできなかった。
 
ある時、ゆみこさん(仮名)といい感じになったが、慌てることなくゆっくりと育むことを選択。
機が熟したと思われた約半年後に
「ゆみこさん、もう分かっていると思うけど、好きです」
と告白したところ
「もうちょっと早く言って欲しかった」
とフラれてしまう(涙)。
 
この経験から、以下の殺し文句が生まれ、その後、打率が結構上がったらしい。
 
最初のデートで
「駆け引きとか嫌いなんで、直球なんだけど」
と前置きをして気持ちを伝えるといいらしい(※2)。
 
(※2:当然ながら自己責任でご活用ください)

Memo

この記事に書かれている情報の大部分は、ビジネス数学カフェのSeason 10に「セクシー深沢」によって明らかにされた(かつおぶし方式)。
今後もセクシー深沢さんには、大学時代(2~4年)や奥様との出会いについても身を削っていただけることを期待したい。