西澤ロイが泣いた歴史

Home » 各種ネタ » 西澤ロイが泣いた歴史
各種ネタ

ロイさんは、ツボにはまるくらい大笑いすると、涙を流すことがある。
以下にその事例を紹介するが、ネタバレを含むためご注意ください。

出会った2人

第9回(2017/3/30)放送分の「まるプロ」コーナーで、4月に向けて丸ちゃんが「新しい環境で待っているものは?」と質問。
真ちゃんもロイさんも答えは「出会い」だと回答。
それを受けて、丸ちゃんが以下のように質問。

丸山久美子
「じゃあ、出会って最初に何します?」

真ちゃんの答えは

真ちゃんの答えを見る
深沢真太郎
「見つめる」

そして、その先を想像してしまったロイさんは涙を流しながら笑いを抑えるのに必死。
しかし丸ちゃんに「声出して笑おう」とツッコまれた。

なお、丸ちゃんの本来の正解は「自己紹介」だった。

575のプレッシャーがデカすぎ

GW特別企画の「第1回学習発表会」において、「ビジネス数学カフェ」を担当することになったロイさん。
575を作って、大先生がそれまでに教えてくれた学びをシェアしようとしたが、あまりのプレッシャーの大きさにただ笑うしかなく、涙が出てきた。

「ビン」を英語で言うと?

第21回放送分の「今日から英語アタマ」コーナーで、液体を数えるためには英語では「入れ物を数える」という話をしていた。

「牛乳ビン」を話題にした丸ちゃんに対して、ロイさんが

西澤ロイ
「丸ちゃん、ビンを英語で言うと…?」

と質問をしたところ、丸ちゃんの答えは、まさかの

丸ちゃんの答えを見る
丸山久美子
「ビーン!」

大笑いしたロイに、丸ちゃんは「違う? 違う? え、違う? カタカナだし」。
真ちゃんは「こういう人を天才って言うんだろうね」と評した。

(※正解はもちろん「ボトル(bottle)」です)

バチカンの人口

第26回放送分の「ビジネス数学カフェ」コーナーで、大きな数字は国や都市の人口に置き換えて表現すると、できる人に見られるというネタがあった。

人口400人のバチカンが使い勝手が良い、という話の中で、真ちゃんによると1,200という数字に対しては例えば

真ちゃんの答えを見る
深沢真太郎
「バチカンの人口、3つ分っすね」

と言えばよい、とのこと。

また、先月の売上は200万円だった場合に、

真ちゃんの答えを見る
深沢真太郎
「バチカンの男性が全員1万円買ったってことですね」

と言ったため、ロイさんのツボに入った。

「ブッ」by丸ちゃん

第33回(2017/09/14本放送)のエンディングで、丸ちゃんの写真集が出るというネタで盛り上がっていた時に、真ちゃんがこう発言。

深沢真太郎
「『丸ちゃんの虜(とりこ)』な男性がまた増えるということですよ」

丸ちゃんは、それに対して思わず

丸山久美子
「ブッ!」

ラジオという公共放送ではありえない、そんな下品な反応を素でやってしまった丸ちゃんの行動がロイさんのツボに入った。そのためロイさんは、「お送りしましたのは…」という最後の挨拶でも笑いが止まらず、普段は「イングリッシュ・ドクターの西澤ロイでした」と言うところを「涙目になっちゃった西澤ロイでした」というのが精いっぱいであり、グダグダのエンディングとなった。