英作文チャレンジとその回答(2019年)

Home » 「スキ度UPイングリッシュ」のネタ » 英作文チャレンジとその回答(2019年)

ラジオ番組「スキ度UPイングリッシュ」では、英作文問題に挑戦することを「英作文チャレンジ」と呼んでいる。

英作文の問題は、「問題」ではなく「お題」と呼ばれており、大喜利のように、自由な発想で、その人なりの回答をすることが求められる。

なお、英作文チャレンジに対するリスナーさんの回答は、ツイッターでハッシュタグ「#英作文チャレンジ」をつけて書き込むことが推奨されている。

私はサッカーが好きです<プレ放送4回目>(2019/04/25)

プレ放送の4回目で、「今日から英語アタマ」コーナーで、「私はサッカーが好きです」というお題で英作文チャレンジが行なわれた際のバックナンバーが放送された。

真ちゃんと丸ちゃんの答えを見る
I like football.(真ちゃんによる回答)
I love soccer.(丸ちゃんによる回答)

という回答に対して、ロイさんは
「それ、何の意味があるの?」
という薬を処方。それは「チャレンジ」でもなんでもなく、クイズに正解するために知っている表現を(特に丸ちゃんはサッカーが好きでもないのに)言っただけだからである。

英会話を上達させるためには、「好きなことを自由に話す」ことが大事であり、それが番組のコンセプト「スキ度UP(スキルをアップさせる前に、スキ度をUPさせよう)」にも合致すると話した。

その話を受けて、どういうことを(まずは日本語で)言いたいと問われ、真ちゃんは
「小学校から大学時代までずっとサッカーをやっていて、日本代表の試合も年に一回くらいは必ず見に行く」
と答えた。ロイさんは「それを英語でどうぞ」と無茶ぶりし、真ちゃんは以下のように頑張って英語で表現した。

真ちゃんのチャレンジを見る
I played football from baby to college student.
And I like watch football game especially Japan national team.

その結果、これこそが「チャレンジ」だと、ロイさんと丸ちゃんからは拍手が贈られた。

私が英語をしゃべれない理由<第1回>(2019/05/02)

記念すべき本格放送第1回目のお題は、かなり皮肉的なものとなった。なお、ラジオネーム新田さんが以前外国人に対して実際に
I can’t speak English because I have xenophobia.
(私は外国人恐怖症なので英語がしゃべれません)
みたいなことを言い、相手から「xenophobiaなんて単語は知らないよ。お前、英語しゃべれてるじゃん」と突っ込まれた経験があるらしい。

パーソナリティによる回答を見る
I can’t speak English because my English sucked.(リチャードさんによる回答)
(英語の先生が良くなかったから)

I can’t speak English because I don’t have much vocabulary.(ロイさんによる回答)
(単語をあまり知らないから)

I can’t speak English because I’m afraid of making mistakes.(リチャードさんによる回答その2)
(間違うのが怖いから)

I can’t speak English because I’m afraid of foreigners.(ロイさんによる回答その2)
(外国人が怖いから)

I can’t speak English because I like English too much.(リチャードさんによる回答その3)
(英語が大好きすぎて・・・)

出身地<第2回>(2019/05/09)

本格放送第2回目。放送前の打ち合わせでは、お題を「根掘り葉掘り」にする案も出たらしいが、2回目でそれはレベルが高すぎるということで見送られたらしく、「出身地」に落ち着いた。

まずリチャードさんは出身地を尋ねる時には
Where are you from?
という表現が定番であり、話題を切り出すのに使いやすいからぜひ押さえてほしいと紹介した。

パーソナリティによる回答を見る
I’m from Canada. You know, the land covered in ice.(リチャードさんによる回答)
(知ってるでしょ? 氷で覆われた土地だよ)

I’m from the land of the rising sun.(リチャードさんによる回答その2)
(日出ずる国の出身です)

I’m from Hokkaido, but many people think I’m from outer space.(ロイさんによる回答)
(北海道出身なんですが、宇宙人だとよく言われます)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:出身地)

根掘り葉掘り<第3回>(2019/05/16)

本格放送第3回目。今週こそ「根掘り葉掘り」がお題として取り上げられた。リチャードさんがとりあえず

リチャード川口
dig roots and leaves

という通じない直訳をしてくれた。

パーソナリティによる回答を見る
I want to know everything about you.(リチャードさんによる回答)
(あなたの全てが知りたい)

I want to ask you a lot of questions.(ロイさんによる回答)
(あなたにたくさん質問をしたい)

I’m gonna check you out from head to toe.(リチャードさんによる回答その2)
(全身くまなくチェケラッチョしちゃうよ)

Who are you? Where are you from? And what is your job?(ロイさんによる回答その2)
(あなた誰? どこから来たの? 仕事は?)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:根掘り葉掘り)

脱力<第4回>(2019/05/23)

本格放送第4回目。お題は「脱力」が取り上げられた。
「落ち着け」と言う場合に、もちろん「Relax.」でもよいが、リチャード教授がネイティブ表現を教えてくれました。

パーソナリティによる回答を見る
Chill out.(リチャードさんによる回答)
(落ち着け)

In Japanese archery, you don’t pull with your muscles. You use your bones.(ロイさんによる回答)
(弓道では「筋肉」ではなく「骨」で引くんです)

Take the chill pill.(リチャードさんによる回答その2)
(落ち着け)

I’m working too hard. I want to take a week off.(ロイさんによる回答その2)
(働きすぎなので1週間の休みが欲しい)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:脱力)

名前<第6回>(2019/06/06)

本格放送第6回目。お題は「名前」。

パーソナリティによる回答を見る
My real name is Ryo, but it’s hard to pronounce. So, please call me Roy.(ロイさんによる回答)
(本名は「亮」ですが発音が難しいので、「ロイ」と呼んでください)

My name is Jessica, but my friends call me Jess.(ジェシカさんによる回答)
(名前は「ジェシカ」ですが、友達には「ジェス」と呼ばれます)

My dog’s name is Kremlin because he looked like a Gremlin.(ロイさんによる回答その2)
(犬の名前は「クレムリン」です。「グレムリン」に似ていたからです)

My middle names are Elizabeth Olive.(ジェシカさんによる回答その2)
(ミドルネームは「エリザベス・オリーブ」です)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:名前)

趣味<第7回>(2019/06/13)

本格放送第7回目。お題は「趣味」。

パーソナリティによる回答を見る
I love to practice kyudo in my free time. (ジェシカさんによる回答)
(自由時間に弓道のお稽古をするのが大好きです)

I used to practice kyudo in high school and college.
And I want to start again.(ロイさんによる回答)
(高校と大学で弓道をやっていました。ぜひ再開したいです)

I like to try many types of nihonshu in my free time. (ジェシカさんによる回答その2)
(自由な時間に、いろんな種類の日本酒を飲むのが好きです)

Some Japanese people say “my hobby is sleeping,” but that sounds strange in English. (ロイさんによる回答その2)
(「趣味(my hobby)は寝ることです」と言う日本人が時々いますが、英語ではちょっと変な感じがします)

なお、弓道などの武道(martial arts)に関して、動詞でplayは使わない(「play kyudo」とは言わない)とロイさんが指摘。「practice kyudo」が良いとジェシカさんが教えてくれた。

なお、ロイさんがジェシカさんに

西澤ロイ
辞書にはdoとかもありますが、どうなんですか?
「do kyudo」とか?

と質問し、ジェシカさんは
ジェシカ
…は、なんかどっか合ってなさそうな気がする

と答えた。

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:趣味)

6月<第8回>(2019/06/20)

本格放送第8回目。お題は「6月」。

パーソナリティによる回答を見る
You should travel to Hokkaido because there is no rainy season there.(ロイさんによる回答)
(梅雨がないので、北海道に行くといいですよ)

In New Zealand, June is autumn. Leaves change color.(ジェシカさんによる回答)
(NZでは6月は秋です。紅葉が見られます)

I visited Portland, Oregon last year. I went there with Roy-tomo friends.(ロイさんによる回答その2)
(昨年の6月、オレゴン州のポートランドを訪れました。ロイ友と一緒に行ったんです)

My kids are on summer vacation from the middle of June.(ジェシカさんによる回答その2)
(うちの子どもたちは、6月中旬から夏休みです)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:6月)

Beauty(美)<第10回>(2019/07/04)

本格放送第10回目。お題は「Beauty(美)」。

パーソナリティによる回答を見る
You look great in that dress.(ロイさんによる回答)
(そのドレス、とても似合っていてステキですよ)

What a beautiful baby!(ジャニカさんによる回答)
(なんて可愛い赤ちゃん!)

Everyone has a different sense of beauty.(ロイさんによる回答その2)
(美的感覚は人によって違います)

There are no ugly people. Only lazy ones.(ジャニカさんによる回答その2)
(醜い人はいない。怠け者だけ)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:Beauty(美))

コミュニケーション<第11回>(2019/07/11)

本格放送第11回目。お題は「コミュニケーション」。

パーソナリティによる回答を見る
I wasn’t very good at communication when I was a student.
Now I think I’m okay.(ロイさんによる回答)
(学生時代はコミュニケーションがあまり得意ではありませんでした。今は大丈夫になったと思います)

Communication is key.(ジャニカさんによる回答)
(コミュニケーションが鍵です)

Many feel lonely when they are alone.
But I like being alone.(ロイさんによる回答その2)
(多くの人が一人でいると寂しく感じますが、私は一人でいることも好きです)

A smile needs no words.(ジャニカさんによる回答その2)
(笑顔に言葉はいらない)
A smile is worth a thousand words.
(笑顔には1千単語もの価値がある)

また、リスナーさんによる回答の一部が、ツイッターのモーメントにまとめられている。
モーメント:英作文チャレンジ(お題:コミュニケーション)